1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫ヘルペスと聞くと口唇と思っていませんか。性器にも感染するヘルペス

ヘルペスと聞くと口唇と思っていませんか。性器にも感染するヘルペス

男性でも女性でも、20代~30代であれば性行為もやはり積極的に行われる年代です。恋人や配偶者など、パートナーとの愛情確認であったり、また気軽に性欲を満たすため等、性行為もさまざやな形で行われるでしょう。

 

そんな性行為で感染症に

そんな性行為ですが、必ずしもいいことだけ、気持ちいいだけとは限りません。時には性行為がきっかけで、感染症になってしまうことがあるのです。

そのなかでも、よく起こり得る感染症としてヘルペスがあります。
ヘルペスと聞くと口唇にできるピリピリとした痛みからの水ぶくれ、さらにつぶれてかさぶさといったような症状が頭に浮かぶかもしれません。

しかし、ヘルペスはこれは1型ともよばれていて、さらにもうひとつ2型とよばれる性器ヘルペスがあるのです。
この性器ヘルペスは、基本的に性行為によって起こる病気です。これは男性から女性へ感染したり、反対に女性から男性にも感染してしまうのです。

性行為により誰でも発症してしまう可能性があるのが、性器ヘルペスなのです。

 

性器ヘルペスは女性が重症となりやすい

男性でも女性でも、ヘルペスを発症してしまうことがありますが、その症状の重さとしては、女性の方が重症化しやすいとも言われています。
重症化してしまった場合、排尿するのに痛みがひどくてできなくなったり、さらに歩くのも難しくなるといったケースもあるようです。

 

なお発症は必ずではない

実はヘルペスウイルスが体に入ることで、発症するものですが、発症までにはかなり時間がかかることもあります。潜伏期間が長いこともあります。

ただし、感染したとしても、性器ヘルペスが発症しない人もいます。ですので、自分がかかっていることを知らずに他の日とへうつすことがあるのも、ヘルペスの恐いところと言えるでしょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。