1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫男性が性器のヘルペスになってしまうと、どんな症状がでてしまうのか

男性が性器のヘルペスになってしまうと、どんな症状がでてしまうのか

男性でも女性でも同じ病気にかかっても、症状の重さが違うといったケースもあります。
そんな病気のひとつとして、性器のヘルペスがあります。これは女性の方が重症になり、特に女性は注意が必要とされています。

しかし、男性も性器にかかってしまうと、やはり大変です。
男性もいつでもかかる可能性もあるので、ヘルペスについて知っておきましょう。

 

男性でもかかるし、あなたが女性へうつしているのかも知れない

男性でもヘルペスになるのは、珍しくはありません。さらに知らず知らずに感染していながらも、女性と比べると体力や抵抗力や免疫力があるために、発症していなくて、そのまま女性と性行為もしてしまい、うつしてしまうことがあるのです。

発症については、必ずしもではないのですが、もしも妻や彼女といったパートナーが発症したときには、自分もかかっていないかの検査も必要でしょう。

 

ヘルペスにかかったらどんな症状がでるのか

男性が性器のヘルペスになってしまった場合、その症状が出る部位として、男性器とくに亀頭に出やすいです。その他には包皮陰茎体部にも見られます。あとは、お尻肛門周辺太ももなどに見られます。女性だと膀胱や子宮などにも広がるので、それに比べると男性の方が発症する広さは狭いと言えます。

なお、発症するとかゆみがおこったり、ヒリヒリした痛み違和感を感じるようになります。それから、発疹水ぶくれができていきます。それから
それが破れることで潰瘍となっていったり、ただれとなっていきます。このときにも痛みがでるようになったり、発熱を伴うこともあります。

 

症状の進行具合は

最初の違和感やかゆみから10日以内にはこのような症状がでるので、こうなったら早めに病院へ診察をしてもらわないといけなくなります。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。