1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫女性がかかると重症化するとも言われる性器ヘルペスの症状とは

女性がかかると重症化するとも言われる性器ヘルペスの症状とは

女性は男性と比べると、体力や抵抗力や免疫力が低かったり、また体調も悪くなりやすいので、病気にもかかりやすいと言えます。
同じ病気にもかかっても、男性よりも女性の方が重症化したり、病気が長引くといったこともあります。

 

性器ヘルペスも女性の方が

ヘルペスも口唇にかかるものもあれば、性器にかかるものもあります。やはり性器にかかってしまった方が、口唇よりもさらに重くなりがちです。
さらに、一般的に男性よりも女性の方が重くなるとも言われていて、女性の方が入院するときも多いのではと言われてもいます。

また発症についても、免疫力にも左右されるので、男性よりも女性の方がその患者数は多いとも言われています。

 

ヘルペスの症状とは

性器のヘルペスの場合も口唇ヘルペスのように、性器やその周辺にかゆみヒリヒリとした痛みを感じるようになります。さらにそこからみずぶくれができていき、それがつぶれて潰瘍になってしまうのです。

また性器ヘルペスだと、みずぶくれができ、進行していくと痛みも激しくなっていきます。その痛みがひどくて、歩くなど普通の生活に支障をきたすことがあるのです。
さらに高熱を出してしまうといった症状も見られるようになります。

なお、女性の方が感染して症状が出る範囲が広く、性器からさらに子宮や膀胱、鼠径部のリンパ節にいたるなど、かなりの範囲でヘルペスの症状が出てしまうのです。これがあるからこそ、男性よりも女性の方が重症となってしまいます。

膀胱などにも感染するため、その結果、排尿困難などの症状が引き起こされる、炎症などが起こるなど、かなり症状が広がってしまうのです。

 

再発のリスクが

1度ヘルペスにかかってしまうと、再発するケースが多くなります。ですので、治ったと思っても、再発しないように予防を心がけて生活をしていかないといけません。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。